A・ファーレンハイツの大航海日記

大航海時代オンラインの冒険・交易・戦闘全ての日記です

ファマガスタの投資報酬で東地中海の名物料理集をゲット。
はじめ間違ってベイルートで投資して
人物の像のレシピゲットしてしまいました。(/ω\)ハズカシーィ
シラクサの投資報酬で菓子職人のレシピをゲット。
このレシピの存在を知らずにピザまで豚で上げようとしてたら
ティルに髪型を変えるアイテムと交換してやると言われましたが
割に合わないと思ったので修業中に自力で取りに行きました。
パルマ道具屋で誰でもできる簡単レシピを購入。
オポルトで畜産秘伝・豚の章を購入。
リスボンのたまたま発見したバザーでベルベットのリボンを購入。
オポルトで
誰でもできる簡単レシピで小麦を小麦粉にするであっという間にR1->R2
ここから必要に応じてベルベットのリボンを装備。
豚関係は家畜取引を切ってしまったので豚肉から。
畜産秘伝・豚の章で豚肉をラードに。R2->R3
オポルトにラードがあるのであまりよくない。
畜産秘伝・豚の章で豚肉をベーコンに。R3->R4
畜産秘伝・豚の章で豚肉をハムに。R4->R5
初日は2・3時間位でここまでで終了。
ブースト込みでR8からマディラで砂糖を沢山積んできて
菓子職人のレシピで
砂糖1とチーズ1と小麦粉1からチーズケーキを作成、
ピザが作れるようになるまで頑張っている所です。
豚肉まではサクサク上がったしベーコンとハムは
オポルトにないので利益も出たんですが…。
チーズケーキは交易所に売れないのと
ショップに出してもあまり売れそうにないし
砂糖を仕入れにマディラに移動しないといけないので
なかなかつらいです。
チーズケーキを食べながらチーズケーキを作り、
ショップには捨て値で980で陳列中。
(のちにそんな値段で出すなと怒られました)
相場が悪い時にはいいかもしれないけど
普通にリスオポしてたほうが全然儲かる…。
2006.11.29 16:35 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
調理はじめました。
現在R7でチーズケーキで修業中。
2006.11.28 16:35 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
海事レベル54になって、やってみたかった
ガレアスでの収奪をやってみました。
消火と統率を切り、収奪を漕船をとりました。
はじめはヨーロッパで、その後、少しずつ南下して
サンジョルジョまで行きました。
…結論。
僕にはむきませんw
しばらく釣り師になってマッタリしたいと思います。
2006.11.20 16:34 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
カリブの奥、メキシコ湾の南にある、
ヴェラクルス港を拠点とした高レベル向け海事です。
過去に人気にあった壺海事と同じくバッカニア狩りになりますが、
ヴェラクルス港のおかげで補給が容易なので、
砲撃PTが効率良く稼げます。
白兵PTもいますので、
シャウトする場合や
PTに参加する時はどちらか確認しましょう。
砲撃PTの場合、3・4人がいいと思います。
バッカニアは戦闘用ガレオン4隻の艦隊です。
おいしいのは58までらしいです。
レベル52を越えたら当然戦列艦が、
殲滅速度が速くていいと思います。
自分ははじめ、重ガレオンをけちって戦闘用ガレオンでしたが、
レベル60以上の方もいるので最低でも
大型ガレオン級がいいと思います。
ソロでもできなくはないですが、
火だるまになると思います。
そう、バッカニアは火炎砲を使ってくるのです。
砲撃系スキルの他に、
消火…火炎砲の雨あられなので
修理
調達…狩りが長期にわたるとすぐに水がなくなります
釣り…狩りが長期にわたると…
疾病学?…狩りが長期にわたると皆病気になりますw
あたりのスキルがあると便利かと思います。
バッカニアはラム酒や砲弾を落とすので戦闘でも
少しは補充できます。
砲撃軍人の最終狩場…と言えなくもないですが、
60前後の人達はつらそうでした。
2006.11.16 16:31 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
やられちゃった鉄戦闘用ピンネース…
yararezenpim.jpg


やられちゃった鉄戦列艦…
yararesenretsu.jpg


リザルト
2dayssenka.jpg
2006.11.12 16:29 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
まずクエをうけ
buragansakous.jpg


PTを組み、
firstpt.jpg


大混戦の中での戦闘
zenkei_2.jpg

2006.11.11 16:27 | DOL総合 | トラックバック(-) | コメント(0) |
重ガレオンでヴェラクルス海事をやった時の感じをベースに計算。
対人戦になるので
ヴェラクルスのように積荷収奪がないので、
弾薬・水・食料が敵から補給できない。
被ダメージが多くなる事が予想される。
ヴェラクルス海事で水・食料がなくてもなんとかなるのは
わかったので、ないとどうしようもなくなる、
弾薬・資材を多めにする。
外科で使う水を食料よりは多めに。倍近く。
鉄板打ち直し用の鉄材3持参。
余裕があったら調達・釣り。
食料・水に変換する効率の良いビール・牛肉等は
変換する余裕があるかわからないのと、
積荷計算が複雑になるので初日はやめておく
それぞれの船の船員数MAX
砲スロットすべてにカロ14を搭載する
(小型)戦闘用鉄フリュート48-28-148
水53食料28資材32弾32
(中型)戦闘用鉄ピンネース82-42-243
水94食料50資材48弾48
(大型)鉄戦列艦150-70-473
水210食料100資材80弾80
船の数字は左から船員-大砲-倉庫
起動スキル予定
通常段防御(カーラ)
弾道学
水平射撃
貫通
2006.11.10 16:26 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
準備の最終段階です。
心配ごとがいっぱいあって。
まずPTに参加できるか。
明日金曜日は帰宅が20時ぐらいになってしまうので
小型は絶対無理だから中型以降になってしまうんですが。
それでPTは入れるのかなと心配してます。
あとは、船の積荷の配分が全然わかりません。
戦列艦はなんとなくわかるんですが、
小型戦闘用フリュート48-28-148と
中型戦闘用ピンネース82-42-243
数字は左から船員-大砲-倉庫です。
148なんて容量の少なさは久しぶりでどうしたものやら…。
dogosugia_1.jpg
2006.11.09 16:25 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
海事レベル52になって、
戦列艦を造船してもらう為にカリブから帰国中、
戦列艦の値段について考えました。
ティルシスが以前いた商会で海事のすごい人が
鉄戦列艦を造船してもらった時、まけてもらって
60M位だったという情報でした。おそらく戦列艦が
でたばかりの頃だったからだと思うのですが、
造船シミュレーターで見ると原価で20M位です。
そして自分は増減は別にいらないので、
造船ランクはR14から大丈夫です。
そこで、R14以上の人で、改造無し、ロットなしで
23Mで造船して下さるかたいらっしゃいませんか?
というシャウトをしました。
すぐにR18のイングの方から作りますよ、と
返事をいただきました。
…しかし。
はじめにこの人ちょっと変だなーと思ったのは
造船するお金が足らないと言い出した時です。
貯金を全部使っても20Mには7M足らないと言うので
ばっくれられたら嫌だなーと思いつつ、
前金として7M渡しました。
その後、海に浮きながらtellしてきました。
造船師さん「4Mと船渡したらいいんですよね?」
私「?」
私「それだと3Mで造船してもらった事になりますが…」
私「船とひきかえに16Mお渡しします」
造船師さん「!」
造船師さん「貯金がなくなって変だと思った」
造船師さん「酔っぱらって計算できんw」
私「w」
ちゃんと鉄戦列艦を作ってくれてるか不安でしたが、
仕上がりは大丈夫でした。
おそらく安めと思われる鉄戦列艦をどうもでした^^
でも3Mで鉄戦列艦もよかったかな?
週末の大海戦はオスロで対イングです。
イングの人に作ってもらった戦列艦で
イングの船を沈めたいと思いますw
小型は戦闘用フリュート
中型は戦闘用ピンネース
を鉄増減なしで自作予定です。
どちらも北のほうで造船なので
船大工・戦術家クエをひさしぶりに受けて
造船しつつ、カロ14をさがしつつ
6国をまわる途中で終了しました。
週末の大海戦が始まる時間まで
何をして待つか悩んでます。
2006.11.07 16:24 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |
3連休でついに海事レベル52到達^^
なんとか戦列艦で大海戦にデビューできそうです。
週末までに戦闘用フリュート、戦闘用ピンネースを造船し、
鉄戦列艦を造船してもらう予定です。
カリブ土産にサントドミンゴで原価0名産品を4種類掘ってたら
具合が悪くなったので帰国せずに終了。
ちと根をつめすぎたかなあ…
3日で20時間以上(もしかしたら30時間位)は海事やったしなあ…
52.jpg
2006.11.06 16:22 | DOL総合 | トラックバック(-) | コメント(0) |
ヴェラクルスの海事PTで戦ってたら爵位きました^^
海事レベルも50に到達。
でも戦列艦・ガレアス遠いな…
jun3tou.jpg
2006.11.04 16:20 | 旧ブログからの移植記事 | トラックバック(-) | コメント(0) |